定期予防接種 (接種方法 ・ 契約医療機関)

定期予防接種は、予防接種法によって対象疾病、対象者及び接種期間などが定められた接種をいいます。国により疾病の予防効果と一定の安全性が確認されていますが、接種により副反応として一時的な発熱や接種部位の発赤などが現れることがあります。ワクチンの効果と副反応を理解し、接種することをお勧めします。
※定期予防接種を受けて重篤な副反応が発生し、厚生労働大臣が予防接種法に基づく健康被害と認定した場合には、予防接種法の規定により健康被害救済の給付が行われます。


【接種料金】
 無料
 ※接種日に町に住所を有し、【接種方法】に基づいて接種された場合に限ります。

【接種方法】
・接種には、町の予診票が必要です。
・契約医療機関に予約の上、接種当日は、予診票および母子手帳を持参し、接種を行ってください。
・接種時、保護者の同伴が必要です。(事情により保護者以外の方が同伴する場合は、町の委任状が必要となります。委任状は健康づくりセンターまでお越しください。)

※定期接種ワクチンの種類:ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合・麻しん風しん混合・水痘(みずぼうそう)・日本脳炎・不活化ポリオ・B型肝炎ワクチン
※予防接種の対象年齢や接種回数については、各種ワクチンのページをご覧ください。

【契約医療機関 (町内)】
※かかりつけ医が他にある場合は、町の予診票が使用できるかを健康づくりセンター0475-33-2179までご相談ください。(千葉県内定期予防接種相互乗り入れ制度に加入している病院であれば、町の予診票にて無料で接種することができます。)

安藤医院
  白子町古所3279-1  0475-33-2211

大多和医院
  白子町南日当851    0475-33-6111

・酒井医院
  白子町北高根2389   0475-33-2356

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP