海老名市予防接種情報提供サービス

2023年・40週
~日本紅斑熱、
新型コロナウイルス感染症
(COVID-19)~

2023年10月13日

2023年・40週(10月2日~10月8日)

今週の注目感染症

~日本紅斑熱~
日本紅斑熱は病原体(リケッチア)を保有するダニに刺されることにで感染するダニ媒介感染症です。
病原体を保有するダニに刺咬されると2~8日の潜伏期間を経て、頭痛、発熱、倦怠感などの症状が出現します。
発熱、発疹、刺し口が主要三徴候で、ほとんどの症例にみられます。
ワクチンはないため、媒介ダニの刺咬を防ぐことが重要です。
神奈川県では夏を中心に5月から10月にかけて届出されています。
発生時期や発生地を知り、野山など感染するおそれがある地域に立ち入らないことが重要です。
農作業や森林作業でやむを得ず立ち入る際には、(1) 長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かない、(2) ダニ忌避剤を使用する、(3) 作業後早めに入浴し、ダニの付着について確認を行うことが大切です。
(詳しくは、神奈川県衛生研究所ホームページ『日本紅斑熱』をご参照ください)

~新型コロナウイルス感染症(COVID-19)~
令和5年5月8日、新型コロナウイルス感染症の感染症法の位置づけが5類感染症定点把握対象疾患に移行しました。
一定の基準により選定された定点医療機関から、新型コロナウイルス感染症以外の定点把握対象疾患と同様に、毎週患者数が報告されます。
2023年第40週の神奈川県における定点当たり報告数は4.26で前週8.30に比べ減少しています。
第39週より感染症発生動向調査:週報対象疾患の時系列グラフに新型コロナウイルス感染症が加わりました。

【神奈川県感染症情報センターより参照】
(令和5年10月12日更新)

≪戻る